サロン開業で揃えたいもの

アイリストとして独立し、サロン開業をするのであれば、必要なものを揃えなくてはなりません。

サロン開業では、施術用のベッドやいす、机、照明器具や音響設備、鏡、そしてマツエク用の商材などが必要となります。

マツエク用の商材というのは、エクステや接着剤(グルー)、ツイーザー、リムーバーやテープ、その他消耗品が必要です。

プロ仕様のマツエク商材でも、比較的原価が安いので、初期費用はそれほどかからずに始めることができます。

新たに店舗を借りたりしなくても、自宅の一部をサロンにしたり、美容室やエステサロンの一部を借りて営業することも可能ですから、その場合はもっと費用を抑えることができます。

また、施術用のベッドは新品のものを揃える必要もなく、中古品を買うとお得です。

マツエクの商材を扱うお店では、中古品を扱うところもあるのでいろいろ調べてみると良いでしょう。

アイラッシュはいろんな種類を置いていた方が良いです。

基本的には、JカールとCカールの9ミリ、11ミリ、13ミリがあると良いです。

CCカールやJCカールなどもあるとバラエティーに富んでいて良いかもしれません。

アイリストは常に流行に敏感でないと最新のマツエクに追い付けないようです。

基本のものは揃えておくのは当然なのですが、今、どんなマツエクが流行っているのか、調べておくようにしましょう。

マツエクをくっつける接着剤(グルー)も、色んな種類があります。

マツエクとの相性や強度なども考えて、選ぶようにしましょう。