内臓脂肪の落とし方 その2

筋トレをして男性ホルモンのテストステロンを増やして、筋肉量を増やし基礎代謝を上げて痩せやすい体を作ってダイエットしようという話をしてきました。筋肉量を増やすことで生活すべての動きで消費されるカロリーが上がります。筋肉が大きくなるので動かすのにそれだけエネルギーが必要になるんです。

ランニングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させるには毎日走りこまないといけませんが、筋トレならやった後の3日間くらいは代謝が高い状態でいられるので実に効率よくダイエットできるのです。筋トレを始めて半年もすれば自分の体の変化が分かってきます。そうなるともう途中でやめられなくなりもっともっと理想の体に近づこうと思い夢中でトレーニングし始めるのです。最初は筋肉を大きくする、重い重量を扱えるようになりたいという気持ちが大きく最初はそこから始めればいいと思います。

ある程度体ができてきたら夏場になると体を絞ってみたくなるんです。絞る、いわゆる減量するということは多少なりとも筋肉量を減らすことになるのですがバキバキの腹筋を目指してやってみたくなるんです。そこまできたらもう内臓脂肪のことなんてはるか昔のことのようにいかに皮膚1枚の体になるかということしか考えられません。筋トレは充実感、達成感、日々の満足を得られる最高の人生の答えです。

体を変えるのに必要なのがタンパク質。筋肉の栄養です。サプリでいうとプロテイン。筋トレ後30分以内にプロテインを飲みましょう。これ毎日続けるとウソみたいに筋肉つきます。疲れにくくなります。自信もつきます。(笑)トレ後以外にも1日3回朝昼晩プロテインを飲むようにしたらいいと思います。一般的にトレーニングしている人は自分の体重×1.5~2倍のタンパク質が必要なんです。プロテインで補うのが一番効率的です。是非飲んでください。ウソみたいに体が変わりますよ。

美味しいものを食べて、炭水化物と脂質はある程度調整して、毎日日替わりで好きな部位をトレーニングして体の変化を日々楽しむ。好きなことをして健康でいられるこんな幸せないと思いませんか?