睡眠と成長ホルモン

体や筋肉の成長に欠かせない成長ホルモン。いかに成長ホルモンを分泌させるかで、身長や筋肉の成長は変わってきます。ではどうすれば成長ホルモンを大量に分泌させることができるのでしょう。答えは睡眠に関係しています。子供も筋肉もしっかり寝ないと成長しないのです。しかし、筋トレと食事で精一杯で睡眠時間までなかなか確保できていない方。いかに睡眠が大切かもう一度紹介します。

筋トレで傷ついた筋肉を修復し強く、そして大きくするには休息が必要です。人や筋肉にとって一番の休息は寝ることなんです。筋肉を修復、成長させる成長ホルモンは睡眠時に最も多く分泌されるのです。筋トレする人、大きくなりたい人の理想的な睡眠時間は8時間です。なかなか難しいですができるだけ8時間寝ましょう。一番成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムと呼ばれる時間があります。22時~2時です。8時間が難しくてもこの時間中に最低でも3時間は寝るようにしましょう。睡眠後3時間たってから成長ホルモンは分泌され始めます。

睡眠の質を高めるために、スマホやテレビを見ながら寝ないで真っ暗にして静かにしていれば寝られるものです。眠れないのは筋トレが足りていないのかも?もっとトレーニングしましょう。睡眠を促すのには乳製品がいいです。牛乳を飲んでぐっすり寝ましょう。睡眠をとることで免疫力が上がるので病気やストレスに強くなります。いいことはそれ以外にも成長ホルモンは肌や髪の細胞を修復する効果があるので肌や髪にはりやコシが出ます。そして睡眠が足りている脳はすっきりしていて思考回路がクリアです。仕事や勉強、筋トレ、運動の集中力が増すので勝負強く、結果を出すことができるでしょう。

成長ホルモン=栄養、良質の睡眠、運動です。筋肉の成長、体の成長に欠かせない成長ホルモンを効率よく分泌させるためにぐっすりと深く眠りましょう。ゴールデンタイムの22時~2時の間に8時間くらい眠れたら理想的ですが、できるかぎり長い時間眠れるようにしましょう。成長にはタンパク質が大切です。たっぷりと栄養を取り込んでしっかり眠って理想的な体を手に入れましょう。

高校生でもまだ伸びる?フィジカルBの効果と口コミ