モテるための筋トレという選択肢

男なら誰でもバキバキの腹筋。熱い胸板。ぼこぼこ鬼瓦のような背中に憧れますよね。女性から見てもごく少数筋肉嫌いという女性がいますが実際に見ると顔を赤らめます。そういうものなんです。筋肉というのは男らしさの象徴ともいえます。

女性から見ても筋肉質な男性は魅力的に見えるんです。モテたいから筋トレを始める…動機は不純ですが男性が本気になるってそういうことなんじゃないでしょうか?(笑)

筋肉のある男らしい体つきの男性が何故モテるのか?筋トレを継続することでモテホルモンといわれるテストステロンが体に分泌されます。このテストステロン男らしさを高めて筋肉を成長させる働きをしてくれる男性にとってはありがたーいホルモンなんです。

このテストステロン値が高い男性は本能的に女性からは魅力的に映るのです。筋肉をつけることで外見がかっこよくなり、さらにテストステロンで男の魅力も増すもはや恐いものなしです。

生まれ持った顔は変えられませんが筋肉、体格は変えられるんです。だらしない女の人と歩きたいですか?答えはNOです。それは女性も同じで引き締まったかっこいい男性と歩くことは女性にとってステータスになるんです。鍛えて自分の魅力を最大限に引き出すのです。

鍛えることで服装を気にしなくてもよくなります。どれだけおしゃれをしてもガリガリやぽっこりお腹ではカッコ悪いです。

逆に服装は清潔感が一番大事で後は色合わせとサイズ感が命です。同じ服でもサイズだけでカッコよくなります。ダボダボ、ピチピチはやめましょう。

少しタイトで色味は基本的な白、黒、ネイビー、ベージュ、カーキ、グレーこれを組み合わせるだけだ失敗しません。変な色に下手に挑戦するからおかしくなるんです。

筋肉のある男性は体というカッコよさの土台ができているので、過剰なおしゃれは邪魔なんです。嫌味にならない程度にタイトそしてベーシックな色合いで鍛えた体を見せつけてやりましょう。

それだけで外見的なカッコよさは上がるんです。