ダイエット食のヒント

理想の体型を実現するための食事について説明します。まずは3食きっちりと食べることが基本です。1食抜いたり、絶食は血糖値が上昇してしまい、結果的に体脂肪がつきやすくなってしまうので量を減らしてでも3食は必ず食べましょう。

ダイエットの基本的な考え方は血糖値を上げないことです。特に朝食を抜いてしまうと、前日の夕食から10時間以上も栄養を摂らないことになってしまうので忙しい時でも必ず朝食は食べましょう。

少しでもいいんです。ゆで卵だけでもいいので食べましょう。食事は小分けにして5回以上が理想と言われています、そして肉や魚、卵や大豆などのタンパク質は筋肉を作る大切な栄養素なので積極的に摂りましょう。

摂取する目安は体重×1.5~2gがいいとされています。例えば体重が70㎏の人は1日に140gは食べるようにしましょう。これはタンパク質の重さです。食品の重さではないので注意しましょう。思っている以上に食べないといけません。

タンパク質の1食で吸収できる量は40gくらいなのでまとめて食べても脂肪になってしまうので小分けにして摂るようにしましょう。効率よくタンパク質を摂取するにはやはりプロテインがおすすめです。プロテインはタンパク質のことなので何も心配せずに飲めます。

ダイエットとなると炭水化物を抜いてしまいがちですが、炭水化物は体を動かすために必要なエネルギー源ですから極端に減らしてしまうと、筋肉も減ってしまいます。ご飯でいうと大盛り、お替りはやめる。砂糖は控える。油もの、揚げ物、炒め物は控える。夜10時以降は食べない。

これらを守るだけでも脂肪は減っていきます。糖質も極端に制限しすぎると、リバウンドの危険もあるので少しづつ摂取量を減らすといいでしょう。

お酒はダイエットにはマイナスしかありません。飲むにしてもウイスキーや焼酎などの蒸留酒にしておきましょう。おつまみもできるだけカロリーの低いものを選びましょう。ダイエットの基本はやはり野菜をたくさん食べることです。血糖値の上昇も抑えられるので野菜とタンパク質中心の生活にしましょう。

鶏むね肉と茹でブロッコリーがコスパ的にもダイエット食としては最強だと思います。

ライスグラノーラの効果と口コミ・グルテンフリーについて